アイキララ 成分

アイキララの安全性について成分内容からチェックしてみよう

アイキララは明るい目元を作り出してくれる救世主です。
他のアイクリームとは異なり、皮膚痩せを隠すものではなく、内側からケアして自立してもらうケアを行うのです。
そんな中、アイキララの成分については安全性が確保されているのでしょうか?
毎日使い続け、目の下というデリケートな部分に使うに安全であるかが心配です。

 

・角質層からサポートするアイキララ

 

アイキララにはコラーゲンサポート成分であるMGAというものが配合されています。
このMGAは耳慣れない用語ですが、脂肪酸、そしてグリセリンが結合した安全性の高いノニオン型両親媒性のビタミンC誘導体ということになります。
メラニンを抑制し、コラーゲンを生産する能力を持っています。
アイキララをダイレクトに目元に塗ることで皮膚からその栄養が吸収され、内側からふっくら柔らかな目元を作ることができるのです。
ですから安全性から見てみると、非常に安定した安全性があると言えます。

 

アイキララの他の成分も知る?

 

MGAという成分のことは分かった。
でもほかにも色々入っているんでしょ?という人のために他の成分も説明してみましょう。
まず水があります。
その他、コメヌカ油やヒマワリ種子油、ジメチコン、シア脂、アボカド油、カニナバラ果実油、アンズ核油など、美容に良いオイルがたっぷり配合されています。
しかも肌に馴染みやすいからしっかり浸透することができます。
防腐剤や着色料、香料フリーで作られているので、肌の弱い人も、目の敏感な場所に塗るのも安心できます。
さらにハロキシルという成分も含まれており、目元専用美白成分と言われています。
茶クマ、青クマ、黒クマなど、色々なクマに対応できるマルチな才能を持った成分です。
それにMGAの中にはハイドロキノンと同レベルの美白作用も併せ持っていますが、ハイドロキノンではありませんから、刺激が強くないという点は評価できるでしょう。
アイキララを続ければ続けるほどに目元がキラキラと輝いて見えるのです。